内緒の話は あのねのね

やっと安定した気温の日が続く様になり、外出も気にならなくなって来ました。
数日前、お出かけの standby OK!
さあ、鍵を閉めてと・・・あれ、いつもの場所に鍵がない(ー_ー)!!
探す事数分、ない・ない・ない・   
バスの時間が迫っています、おかしいわねえ。
取りあえず他の鍵を使って出掛けましたが、途中考える事しきり。

用事を済ませ帰宅し、本格的に探す事にしました。
こんな事はそう珍しい事ではない私の事、思いつく限りの場所を探しましたが ありません。

?????

もうお手上げ状態。夕方のウォーキングの時間が迫って来ました。
その時何を思ったか覚えていませんが、台所のごみ箱を点検し始めた私・・・・

え~~~~~~!!!  ありました!

ナント・ナント・上から探っていましたら、愛おしい鍵ケースがそこに(#^.^#)
あなたはどうしてこんな所に???  全く記憶にございません (この台詞がぴったり)

いやー、我が人生で鍵をこんなに探した事も初めてですし、
ごみ箱から出て来た事も初めてです。
どうしてゴミ箱を探したのか今でも不思議。
よくぞゴミ箱へ導いて下さいました! お陰様で助かりました(^_-)-☆
皆様はこんな事はないですよね! ないしょのおはなしでした。

☆内の騒動に関係なく満開です

a0234142_19303960.jpg




[PR]

# by karishuku | 2017-03-24 19:53 | Trackback | Comments(0)  

今日嬉しかった事

この所風が強く、寒さが逆戻りの日が続いています。
おなじ気温でも風が吹くと体感温度はぐっと下がりますね。

薔薇は2月中に剪定を済ませなければ、5月の開花時に咲き揃わないので
寒くても手入れをします。
ですが、花壇の花は植えたまま・・・鉢物への水遣りも忘れがち(^_^;)
昨日・今日は久しぶりに陽射しが柔らかです。
こんな日は水遣りだけのつもりが、ついつい出始めた草を取ったり、小さな花芽を拾ったり。

花壇には落ち葉がたっぷりなのですが、その中にオランダ産のチューリップの芽を発見!
赤・グリーン・茶色・・・可愛い!!
日本の物とどう違うのかしら? 成長を見守る事にしましょう。

ゲストハウス前の花壇には、ゴテチャ・隣には紫の可憐な花が咲き始めました。
嬉しい!(*^_^*)
植物は人間よりも敏感に春を感じている様です。
まだまだ寒い3月ですが、こんな日は思わず笑顔に。
ゲストハウス看板横の花桃は今年はたくさんの蕾が・・・
皆様も滞在の際には是非お楽しみ下さいね。


☆花壇の花
a0234142_22000254.jpga0234142_21590225.jpg

More
[PR]

# by karishuku | 2017-03-17 22:22 | | Trackback | Comments(4)  

食いしん坊工房さんとの出会い

2月のある日、娘と豊後高田市の海門温泉に行きました。
途中、国東の道の駅「黒津之庄」に立ち寄る事に・・・
正面から入りましたら、「ご試食どうぞ」と一人の女性が何かを勧めてくれました。

この方が「くいしんぼう工房」のオーナーさんでした。
試食の食品は今やメディアでもとりあげられ大人気の「からし椎茸」
商品よりも彼女の話に聞き入り、かなりその場所に滞在してしまいました。
彼女の話によると、この商品は国東のお漬物コンテストで1位になった商品なのだそうです。
その事にも充分インパクトがありましたが、私の心に留まったのは別の話。

彼女が結婚する時、彼は父親と二人で生活していてその父親は闘病中で余命が短いと医師から宣告されていたと・・・
結婚してみると、お父さんはカレー等の今風の食事を好まなかったので、彼女はしぶしぶ畑で無農薬の野菜を育て、
家族の為にお漬物・焼き肉のたれ・キムチ等を作り毎日の食卓に並べていたのだそう。
そんな毎日を続けていたら、お父さんが1年、2年、5年、結局90歳を過ぎるまで長生きされたのだそうです!
彼女は医師から「あなたが良いものを食べさせたからです」と褒められたと明るく話してくれました。
彼女の話は真実だと思いましたし、とにかく元気でパワフルな彼女が印象に残りました。

商品は殆ど自分の畑で作ったものを加工し、無農薬・無添加なのが気に入りました。
私が買ったのは、カボスドレッシング、焼き肉のたれ、からし椎茸、粕漬け、はりはり漬け、七味(これも手作り)
甘口ですがお味はどれも美味しい!
ゲストハウスにも置いてみようかな?
皆様も国東の「黒津之庄」へお立ち寄りの際には是非試食してみて!

☆ロゴが可愛い「くいしんぼう工房」さんの商品


a0234142_21215711.jpg

[PR]

# by karishuku | 2017-03-13 21:33 | Trackback | Comments(2)